« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月に作成された記事

2018年4月24日 (火)

山科ウォーキング&長浜観光

先週のウォーキング山科の 琵琶湖の

疏水を歩きました。鮮やかな萌木色の風景を

満喫しながらハナミズキやなごりの桜もまだまだ

綺麗で楽しめヽ(´▽`)/しっかり歩けて良かった

1_2

Photo_2

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

滋賀県長浜(黒壁スクエア)に行ってきました。

鉄道スクエアでは現存する日本最古の駅舎、北陸線の機関車

や琵琶湖汽船の待合室等、リアルに再現

してあり、明治19年汽船の時刻表なども

有りました。

1 Photo_4

お昼は焼き鯖そうめんを頂きました。

お出汁がしっかり浸みて美味しかった

有名人もいっぱい訪れた写真が飾ってあり

出てくる頃には 少し行列も出来ていました。

Photo

曳山博物館

Photo_3

慶雲館、や安藤家 立派な歴史のある街

Photo_5

Photo_6

駅近くまで帰って、ふわふわ丸い食パン

を購入(^_^)閉店間際で残り少なくなってました。

Nagahama

近くなのに行けてない滋賀県 長浜の

歴史と文化を巡る旅でした。(*^-゜)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

山小屋 別荘のお花見

今年はお花見いっぱいしてきたんですが

まだ機会が残ってました。私の生活圏から

もっと山に入って行きます。でも大森東町。

杉木立の間から木漏れ日と桜並木が 

目に入って来て、

見事なミニ通り抜け  って感じです

1

下の段がこのように桜が咲き乱れて

いて頭の上を両側からかぶっています。

淡い可愛い桜の花びらが何とも言えず

素敵でーす50M位続いてます(゚▽゚*).

2_2

元北山杉の丸太の倉庫だったのを自分で

改築して週に2~3回来て(左京区岩倉に

お住まい)のんびり過ごすそうです。

3

充分住まいになるように造られていてお見事

4

紅葉なども植えてあり、別荘感覚!不要の

材料などをもらって工夫して、部屋に

造り変えびっくりする位上手く利用して

おられ感心しました。

5 

これは6畳位の小屋(立派な部屋に)

巻きストーブも設置、ワンルームの別荘

ロッジかな(*^-゜)v時々泊まってるそうです。

反対の窓からの景色

68

山菜を(コゴミ タラの芽 三つ葉 ヨモギ

揚げながらアツアツを食べます。

百貨店で注文して頂いたお弁当を

頂きました。

とっても美味しかったでーす。

7

周りを散策したり、自然豊かな中での

楽しい半日でした。小泉さん、川村さん

皆さん 有難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

遅い春も 満開

春遅い北山でも桜や庭先の花々が次々に満開

を迎えました。でも花の命は短くて アッと言う

間に終わってしまいます。ネ  我が家の

畑の椿一斉に咲き誇ってます。
1_4

大森東町の長福寺の桜

1_7

2_4

とても綺麗に咲いてます。

3

庭先の鉢植え,淋しいので購入して

少しにぎやかに紫陽花や薔薇 梅花ウツギなども

新芽を延ばしてきてます。(*^-゜)v

1_2

水仙も空き地のあちこちに、山椒も新芽が

覗いてきてます。今年は早いからもう1週間も

したら摘めるかも 

1_3

タラの芽 コゴミ 蕨 山菜も次つぎ・・・・

忙しくなりそう~・・・です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

お花見三昧

背割堤 こんな桜の名所あったんや

石清水八幡宮のある京阪八幡駅の近く

初めて訪れました。凄ーい 桜のトンネル

展望台から見た後 延々1.4キロの

桜並木を歩きました。

1

手作りお弁当を持参して下さったHさん

桜吹雪の下で食べたお弁当は格別の味

美味しい~o(*^▽^*)o

2

次はウォーキングサークル嵐電の桜の

トンネルを見ながら住宅街や畑道を抜けて

嵯峨野生協でお弁当を買って広沢の池

の傍で昼食タイム

1_2

広大な公園で食後暫く休憩を取り 解散

しました今日も良く歩いたなー


2_2

今年は何度も桜を愛でる機会が有りました

(*^-゜)v帰り、時間も早かったので高雄の

つつじを写メに
1_3

タイミング良く車も少なくてバッチリ

満開の三つ葉つつじの群集を撮る事が

出来ました。
2_3

山がピンクなんですよ。1週間くらいで景色が

替わってしまいます。お早めに見に来て~ね

って山が待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »