« 久々の史跡探訪 | トップページ | 配食サービス  »

2018年3月 3日 (土)

史跡探訪 鷹ヶ峰

3月3日(土曜日)晴れ

暖かな春の陽気になってきました。

先日の史跡探訪は北区鷹が峰。 光悦寺 

元和元年、本阿弥光悦が徳川家康より

この地を与えられ一族を率いて移り住んだと、

境内には多くの切妻造りやこけら葦のお茶室

が点在しています。

2

本阿弥光悦が編んだ事から、光悦垣と呼ばれ

る様になった

1

光悦は書や絵画、陶芸等にも優れ、

路地の奥の緑に囲まれた中にお茶室なども

点在し厳かな佇まいを残していました。

お庭からは鷹が峰三山の大自然が目の前 

に望め 光悦の生き方を偲べるような気がします。

Photo

斜め向かいの源l光庵、 やっぱり本堂の

丸い「悟りの窓」「禅と円通」の心を表し、角窓

は「人間の生涯」を象徴し「迷いの窓」「生老病死」の

四苦八苦」を表していると言われる。

座禅を組んでみてはいかがですか

1_2

枯山水のお庭も春を待つ佇まいが感じられ!

春や秋は窓の景色もお庭も絶景ですよ 

ちなみに源光庵は我が家の菩提寺です。

2_2

70人の探訪部員で広い本堂のろーかもいっぱい

右は常照時の赤門  元島原の名妓「吉野太夫

が寄進したと言われ、参道の桜は吉野を

偲んで植えられたものだそうです。
3 Photo_2

六条三筋の名妓として一世を風靡しその

才色兼備を謳われた、吉野太夫は上京の

豪商に身請けされ寛永20年38歳で没した。

|

« 久々の史跡探訪 | トップページ | 配食サービス  »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 史跡探訪 鷹ヶ峰:

« 久々の史跡探訪 | トップページ | 配食サービス  »